4月 誕生会メニュー

4月の誕生会メニューを紹介します。

 

 

~ お給食 ~

・大葉と鮭の混ぜご飯

・とり天

とり天は九州を代表する大分の郷土料理です。

子どもたちには食べやすいように甘めに味付けをしています。

・和風マヨサラダ

・若竹汁

・ヤクルト

 

~ おやつ ~

 

・ヨーグルトケーキ

 

おやつのヨーグルトケーキは新メニューです!

生地には白ごまも入っていて香ばしい香りと、ヨーグルトのおかげで

しっとりもちもちに出来上がりました。

子どもたちにも大好評でおかわりまでしっかりきれいに食べてくれました。

 

4月はゆり組さん(5歳児)が、グリンピースのさやむきがあり、

5月にはそら豆のさやむきがあります。

春らしい食育でさやむきも食べるのもとても楽しみです。


満開を心待ちにしていました(ばらぐみ 年少児)

園庭の桜の花の開花を見つけ、子ども達と一緒に喜びました。

ばらぐみとして遊ぶのも、残り一週間です。

きくぐみになってもみんなで協力しながら楽しく園生活を送ってほしいです。

園庭の花もきくぐみへの進級を応援してくれているようです。


卒園式

ゆりぐみさんの卒園式を行いました。

とても良いお天気で、ゆりぐみさんの卒園をお祝いしてくれているようでした。

本堂の厳かな雰囲気の中、子ども達の綺麗な歌声が響き、素敵な式でした。

ゆりぐみ保護者代表挨拶をされた方も、保護者会会長挨拶をされた方も、

今年のゆりぐみさんが末子なので一緒に卒園となります。

特に保護者会会長は、保護者会役員と会長を長年務めてくださっていました。

お二人の挨拶には万感の想いが込められており、保護者の方はもちろん、

職員も子ども達が入園してきた小さい頃から今日までのことが思い起こされ、

胸がいっぱいになり涙ぐんでいました。

式が終わった後は、保育園のホールで園長先生、担任の先生二人から

メッセージをもらい、会長が作ってくださったムービーを見ました。

卒園児達は最初から最後まで笑顔で、とても良い門出の日でした。


ありがとうの会

もうすぐ卒園するゆりぐみさんに、「今まで優しくしてくれて、

遊んでくれてありがとう」をももぐみさんからきくぐみさんまでが

伝えるありがとうの会を行いました。

今年は、りんでんの家のお友達も駆けつけてくれました。

各クラスが手遊びや歌のプレゼントと、

みんなで作った卒園式用のコサージュを贈りました。

ゆりぐみさんもみんなと一緒に各クラスからの手遊びをして歌を歌い、

日めくりカレンダーを贈ってくれました。

その後、みんなで観劇をしました。

絵本の「もこ もこもこ」のような演目に未満児さんは大注目で、

ばらぐみさん・きくぐみさんは大笑いをしていました。

「こけっこチャーボー」もすごく楽しんでいて、

「後ろ見て!後ろ!」「右!右に行ったよ!」と歓声を上げていました。

この日は今年度最後のお弁当の日でもあったので、観劇を楽しんだ後は

楽しみにしていたお家の方がつくったお弁当を食べました。

子ども達にとって、とても良い一日になったようです。


お別れ会(ゆり組 年長児)

もうすぐ卒園するゆりぐみさんのお別れ会を行いました。

お家の方に「こんなに成長したよ!」という姿を見せる為に、

3年間体育教室で培って出来るようになった鉄棒やマット運動を披露しました。

体育発表後は、給食の先生が腕によりをかけて作ってくれた給食を

お家の方と一緒に同じものを食べました。

その後、先生からのプレゼントでパネルシアターと、

発表会でゆりぐみさんが歌った「世界がひとつになるまで」の演奏、

お家の方からのプレゼントでパプリカを一緒に踊りました。

先生達がステージで演奏していると、子ども達がステージの反対側に並んで

歌い始め、小さな発表会のようになりました。

パプリカは、お家の方が歌と踊りをこっそり練習していることを

子ども達は知らなかったので、一緒に歌って踊ることが出来て、

とても嬉しそうでした。

その後、お家の方と子ども達で手紙を交換して、

保育園での思い出として6年間の写真のスライドショーを上映しました。

子ども達はもちろん、お家の方も子ども達からの手紙を喜んでいて、

中には涙ぐむ方もいらっしゃいました。

 

スライドショーもお家の方はもちろん、

子ども達も感極まったものがあったようで中には号泣する子もいました。

あっという間の保育園生活でしたが、その間に大きく成長した子ども達に

お家の方だけでなく先生達も感慨深いものがありました。

最後に担任の先生から子ども達とお家の方にメッセージを伝えて終わりました。

みんな最後には笑ってお家の方と一緒にお家に帰っていきました。